06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

さくひ~ん 

こんなものを作ってみました。

これは一体何?

現代アートでしょうか・・。



R0013786_convert_20110707214357.jpg




何かの武器?

それとも罠?




R0013775_convert_20110713201028.jpg



それともおもちゃ?



R0013766_convert_20110713200934.jpg




タイガースに関係ある?





R0013765_convert_20110713200725.jpg










いいえ。



答えは













これだ。









R.jpg










スポンサーサイト

[edit]

親方モノマネにはまる 

親方/ おいさぶ、昨日のモノマネの番組観たか?
さぶ/ 観ましたとも!いやあ、みんなもう、そっくりでしたねえ。
親方/ ああ、大したもんだなあ、今時のものまねってえのは。コロッケは相変わらずおもしれえしな。あと、あいつ、一風堂だっけ?
さぶ/ 一風堂はラーメン屋、いっこく堂でしょ。
親方/ 細けえなあ、おめえは。どっちでもいいじゃねえか。   
さぶ/ はいはい。 それで一風堂がどうしたんですか?
親方/ 一風堂はラーメン屋!いっこく堂だろうが。
さぶ/ はあ?どっちでもいいんじゃねえのかよ!?
親方/ 俺の性格上、物事ははっきりさせねえとな。
さぶ/ はあっ! ったく、むかつくおやじだ。
親方/ 何か言ったか?
さぶ/ いいえ。な~んも。
親方/ ぼく、交通安全のケンちゃんです。
さぶ/ は?
親方/ ぼく、交通安全のケンちゃんです。
さぶ/ は?
親方/ 馬鹿野郎!腹話術だろうが!いっこく堂だよ!
さぶ/ それっていっこく堂とは全く関係ない、ただの昔ながらの腹話術でしょ!
親方/ いいじゃねえか、やってみたかったんだよ!
それにしても口を開かねえで、よくもあんなにしゃべれるもんだ。
さぶ/ クロス屋の正ちゃんだって口を開けずにしゃべってますぜ?
親方/ 馬鹿野郎、あいつは確かに口を開けずにしゃべるがな、何を言ってるのかさっぱり分からん。ただモゴモゴ言ってるるだけだろうが。
さぶ/ 確かに。
親方/ それに比べてあのいっこく堂ときたら、歌まで歌っちまうんだから大したもんだ。 歌っていやあ、青木隆治ってのは断トツに上手えな。♪あ~あ~~川のながれのよ~に~~♬ってか。
さぶ/  ハハッ 親方似てね~。
親方/ ムカッ!じゃあさぶ、てめえ、何かモノマネ出来んのか!?
さぶ/  完璧にできるのが一つありますぜ。やんないけど。
親方/ 完璧ならやってみせやがれ。
さぶ/ 嫌ですね。
親方/ やってくれてもいいじゃねえか。
さぶ/ 残念ながらやりません。
親方/ いいじゃねえか、そんなにもったいぶらなくても。
さぶ/ やらないったら、やらない。
親方/ 一回、な?一回でいいから。
さぶ/ だ~め~で~す~。
親方/ 俺がこんなに頼んでるってえのに、てめえ、もう親方命令だ!やれ!!
さぶ/ はあっ?馬鹿野郎!!ったく、さっきからやんねえって言ってんだろうが!
このうすらトンカチが~!!下らねえ事言ってるひまがあったらさっさと仕事を始めやがれ!
親方/ な!な!なっ!なんだとお~!!  ったく、さっきから聞いてりゃ好き勝手言いやがって!このうすらトンカチが~~!!下らねえ事言ってるひまがあったらさっさと仕事しやがれ~!!
さぶ/ ほうら、そっくりでしょ?
親方/ ・・・・・・。

[edit]

2号にぞっこん 

1号 「アンタってずうずうしいわ!いつの間にダーキの部屋にはいったのよ!」
2号 「入ったんじゃなくて、ダーキさんが私を連れて来たのよ。」
1号 「嘘つき!ここは私とダーキの部屋よ!出て行って!」
2号 「私が出て行ったらダーキさんきっと悲しむわ。やっと私を手に入れたんだもの。」
1号 「はっ!笑わせないで!ダーキは私にぞっこんなのよ。あんたなんか!」
2号 「そんな事無いわ、だってずっと前から君が欲しかったって,そう言ってたわ、ダーキ。」
1号 「まあ!呼び捨てにしないで!なによ!アンタみたいなズングリムックリ、ダーキの好みじゃないわよ!」
2号 「いいえ、君のスタイルに惚れたって言ってたわよ。」
1号 「 ムカつく女!」
2号 「ムカつくのはあなたの方よ!その上から目線。」
1号 「しょうがないでしょ!ダーキが私をこんなに高いところに上げたんだから!」
2号 「ほうら、あなたはもうただのお飾りよ、ダーキが最後にあなたに触れたのはいつ?」
1号 「・・・・う、うるさいわね!!きっと、いつも私を眺めていたいのよ!」
2号 「私なんて、毎日ダーキと一緒に走ってるの、どう?羨ましいでしょ?  だいたいあなたはダーキにうるさく言い過ぎるのよ、やれ、もっと早くとか、立ち止まるなとか、私のようにのんびり一緒に走ってあげられないんだから。」
1号 「しょうがないでしょ!私はそう言うタイプじゃないんだから!」
2号「まあ、捨てられないようにすることね。」

1号 「あなたも気をつけなさい、ダーキってとっても飽きっぽいから。」
そんな2人の会話が今夜も聞こえてくる。
          
          ↓
          ↓
          ↓
          ↓ 
          ↓
          ↓
          ↓
          ↓
          ↓
          ↓
          ↓
          ↓
          ↓
          ↓
          ↓
          ↓
          ↓
          ↓
          ↓
          ↓
          ↓
          ↓ 


R0013779_convert_20110707214252.jpg

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。